フォトライブラリー 北海道の風景

【北海道の風景】壮瞥町・壮瞥公園の梅林(2019年)

2019年6月27日

毎年狙った被写体ですが、こうまで上手く撮影できたことはありませんでした。
曇天で、洞爺湖まで見える状況が多かったですね。住んでいれば、毎回見られる光景でしょうが、地方から行っているとこういうベストショットを撮ることが難しいですね。

壮瞥町・壮瞥公園の梅林について

今年の写真ですが、15:30頃だったと思います。
「もう無理かな?」と思いつつ、立ち寄ってみるとこの光景です。光状況はともかく、写真に収めようということで撮影しました。
欲を言えば、朝方であった方がよかったかな?もう少し風のない時であれば、洞爺湖に写り込む羊蹄山も狙えればと思いつつ、このような好条件は、いままでなかったので撮影いたしました。

令和元年 2019年 壮瞥町 壮瞥公園 梅 洞爺湖 羊蹄山 

壮瞥公園は洞爺湖周辺屈指のビューポイント。洞爺湖や有珠山、昭和新山、遠くには羊蹄山、ニセコ連峰、そしてサミット主会場・ウィンザーホテルまで展望できます。
また、約8万6千平方メートルの面積を誇る壮瞥公園は、梅の名所としても知られています。湖畔側の斜面には、約2万平方メートルにわたって梅林があり、見頃となる5月上旬~中旬には、淡いピンク色に染まります。

観光協会ではこのように記されておりますが、何で梅林を植えるようになったのかという意味が記されておりませんでした。記して欲しいですよね。

壮瞥公園の梅林 撮影への注意

大変駐車場が狭くそれに伴い車道も狭いので、交差するにもやっとの所もありますので、登る走行の際にもご注意ください。

梅の咲く時期は、毎年ずれていたりとその時によりです。ホームページなどでも梅の開花をチェックしましょう。

壮瞥町の観光情報サイト

壮瞥町・壮瞥公園の梅林について まとめ

写真はタイミングです。
カメラがこれだけ押すだけで撮影できる時代になり、風景写真というのは現場に居なければ撮影できないのです。足で現場に行き続けることが出来ればいいのですが・・・
理想ですが、行き続けることが出来れば一番いいのです。撮れなくとも来年の時期と思いながら次の現場に向かいましょう。北海道の風景はここだけではありません。

この光景でここに寄らなかったら撮影できませんでしたので、ラッキーでしたと思います。もっと早く行っていればね。
来年以降も、行こうと思いますがまずは撮れただけでもと感じて、来年にまた期待します。
 
・使用機材

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3
 

良かったらランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 北海道風景写真
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村


写真が上手くなりたいなら覚えるべき50の掟 (玄光社MOOK)

スポンサー










-フォトライブラリー, 北海道の風景
-, ,

Copyright© 旅の化石 Photo Library , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.