お知らせ 函館の風景

【函館市】函館どつく「進水式」

更新日:

2017年6月7日(水)、函館どつくにて進水式が行われました。

港のあるマチに住んでいることは、こういう楽しみもできることが出来てしまいます。
函館どつくは、東北以北で最大の造船メーカーであり、函館と室蘭に造船所があります。函館では幕末の開港から函館港を中心に発展を遂げ、造船は北洋漁業とともに函館の経済を支えてきました。

「男爵いも」の生みの親である川田龍吉(かわだりゅうきち)が、1906年(明治39年)、函館船渠会社(函館どつく前名)専務取締役として北海道へ渡ってきます。1911年(明治44年)、函館船渠を退社します。

こういうイベントがある港まちで、このような光景を見られるのは幸せですね。函館どつくのホームページで、進水式の告知もありますので、覗いてみてご覧になってみて下さい。

函館どつく 進水式 2017

第882番船 要目 34,000載貨重量トン型木材兼ばら積貨物船で、船籍はパナマ共和国の進水式でした。船名が公開されまして、「ENISHI」という名前でした。

【kindle電子書籍購入の方へ】
第六回「祭りと神楽 〜福島町いま昔〜」写真展を購入された方にお知らせです。
先日アップデートしまして、写真が増えました。もう一人の出展者(爲岡進氏)のご厚意で、出品作品を付け加えました。福島大神宮先代宮司・常磐井武宮氏の元気な姿を見ることができます。
ご購入された方は、「更新」されるとご覧になれるようです。

第六回「祭りと神楽 〜福島町いま昔〜」写真展
(2017-03-06)
売り上げランキング: 230,543

良かったらランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサー




スポンサー










-お知らせ, 函館の風景
-,

Copyright© 旅の化石 Photo Library , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.