イベント

「たそがれ講談会」動画配信中!

投稿日:

数年前から地元の有名な人物をネタに、新作講談をされている荒到夢形(こうとうむけい)さんの講談会に行っております。
以前にも写真で紹介しておりますのでご参照ください。

講談を聴く
講談師・荒到夢形(こうとうむけい)さん

講談で有名どころ

近年、講談は

神田松之丞さんが有名ですね。確かに引き込まれる話し方で、マスコミによく出られております。生で聴けるチャンスがあったのですが、インフルエンザにかかり聴けなかった・・・
講談会、彗星の如く現れた神田松之丞さんですが、私が記憶するもう一人有名な講談師がいらっしゃいます。

神田山陽
3代目 神田 山陽(かんだ さんよう、本名:稲荷 啓之(いなり ひろゆき)、1966年1月14日 - )は、日本の講談師。北海道網走郡女満別町(現大空町)出身。落語芸術協会会員。

近年講談会にも参加していないようで、北海道出身ということもあり親しみがあるのですが、近年講談は行なっていないようです。

講談師・荒到夢形(こうとうむけい)

新作講談をネタに持ち、道南を中心に活動されている講談師さんです。
あまり知られていない道南の名士にスポットを当てた講談は、地元でも有名です。

講談師 荒到無形

毎月、第四日曜日に行われている「たそがれ講談会」を記録しはじめましたのは、平成27年11月から、毎月というわけにはいかないのですが、前年から会場のカフェやまじょうさんの協力もあり、通年の講談の記録をしていこうと思います。

Youtubeのチャンネル登録していただけると幸いです。

第二十五回たそがれ講談会「島崎冬子伝」

演目の島崎冬子さんは、

島崎藤村の前妻・秦冬子(1878-1910) - 函館の網問屋・秦慶治の三女で明治女学校卒。1899年に結婚し、7人の子をもうける。関連書として『冬の家―島崎藤村夫人・冬子』(森本貞子、文藝春秋, 1987)、『お冬 わたしの 藤村の妻島崎冬子』(松井千枝)などがある。

島崎藤村の奥様でした。

平成27年11月22日(日)カフェやまじょう(函館市元町30-5)にて行われた、「第二十五回たそがれ講談会」です。
演目は、新作講談「島崎冬子伝」です。(全二回です。)
第一回

第二回

函館で講談を聴こう!

たそがれ講談会
時期:毎月第四日曜日
木戸銭:1,500円(1ドリンク付き)
時間:午後四時から午後五時くらいまで
場所:カフェやまじょう(函館市元町30-5 カールレイモン隣)

良かったらランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
にほんブログ村

スポンサー










-イベント
-,

Copyright© 旅の化石 Photo Library , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.